2014年07月29日

【ネタバレ注意】ワンピース755話「男の世界」確定まとめ

コメ欄の755話関連のレスをまとめていきます。


トンタッタの王女マンシェリー姫、ワンピース755話.jpg

確定@
755話 「男の世界」
扉絵:ジンベエ一人旅 事件だ!町が消えてるシー!

梯子の絵を描き出したカン十朗。

カン十朗「一度に昇るでないぞ! 絵の梯子は壊れやすいゆえ!」


「ありがとう侍さん!」
「な、なんであんなに歪んでるんだ…昇りにくいぞ…」

カン十郎「文句を垂れるでない! 恥知らずめ!!」

「これでやっと地上に戻れるぞ!!」

梯子をどんどん昇っていく地下の人々。

その頃、工場では小人たちが暴動中。

「小人たちが暴れ出したぞーー!!」
「抑え込めー!! 片っ端から撃ち殺…ぶべばあっ!!」

銃弾は小人には全く当たらず

ザコ「待て! お前達がみんな工場を離れたらマンシェリー姫の病気は治らないんだぞ!」

チャオ「えっそれは大変れす!!」

また騙される小人たちに、別の小人が注意しにくる。

「聞いちゃダメれすチャオ!!」

チャオに耳栓をする小人。

チャオ「この耳栓があればもうどんなウソも聞こえないれすよ!!」
   「トンタッタスイング!!」

「ぎゃああああ」



「若様に連絡しろ!!」
電々虫で外部に連絡する手下たち。

「させないれすよー!! しっぽハンマー!!」
「るべぐっ!!」

さらに他の小人たちに指示を出す。
「みんな!! 絶対に援軍を呼ばせないように! 電々虫は全部野生に返してくらさい!!」

「えっ?」

「その耳栓を取ってくれ〜!!」


「姫さま〜大丈夫れすか姫さま〜!!」
慌ててマンシュリー姫の隔離病室へ向かうのは、姫の側近のお爺さん"マウジイ"。

マウジイ「ひどい! ひどいれすよ! マンシェリー姫の病気も全部嘘だといいれすが!」
    「今頃泣いているに違いないれす! ワシの名を呼んでるに違いないれす! いますぐ助けに行きますぞ姫さま〜!!」

そしてマウジイはマンシェリーの病室の前へ…そこにすでに集まってる小人たち。

小人「マウジイ! ここがマンシェリー姫の隔離病棟れす!! でも、"立ち入り禁止"って書いてるれすよ!!」

マウジイ「なにい立ち入り禁止!? なぜもっと早く言わぬ!? 止まれるわけがないれすー!!」

勢い余って扉をぶちやぶってしまうマウジイ。
純粋な小人たちは大騒ぎ。

「マウジイが"立ち入り禁止"の扉を破ったれすー!!」
「なんてことを!! そんな人とは思わなかったれすマウジイ!!」
「"立ち入り禁止"は入ったらダメっていう意味れすよ!?」

マウジイ「ん?」
 
誰もいない部屋。

マウジイ「誰もいない…ただの部屋ではないか!!?」


その頃、トンタッタの別動隊は工場の正面入り口に回っていた。

「鍵は開いたれすか!?」
「いま開けてるれす!」

「せーのっ」

ガチャンッ

ちょうど正面入り口の前でセニョールと戦闘中のフランキー。
実は生まれつき耳のいい(らしい)。
カギが開いた音を聞く。

フランキー「おいスイミング男…お前にゃ全く関係ねえが…さっき路地裏で体が弱く困っているババァを見かけたぜ?」
ピンク「そうか・・・ザマアねえな・・・」


小人「ハンドルを回して扉を開けるれす!!」

「そこまでだよ!! やってくれるね おチビども」

出てきたのはスマイル工場長キュイーン。(注:20歳)

キュイン「一人も逃しゃしないよ! お前達は生まれつきスマイルを作るための奴隷なのさ!」
    「真相が分かったからって あちこちで暴動を起こす気かい!?」

小人たち「いけない! 工場長れす! 吸引マシーンに気を付けるれすよ!!」

キュイーン、掃除機のスイッチを入れる。

どんどん吸い込まれる小人たち。

小人1「早くドアを!」
小人2「解除はしたけど…もうダメれす!!」
小人3「はやくー!! ドアをー!!」

ガチャッ

「グッジョブだぜお前ら!!」

外から扉を開けて入って来たのはフランキー。

小人たち大はしゃぎ。
「わあーロボっトのオモチャれす!」
「スーパーロボットが助けに来てくれたれすよー!」

インヘル「みんな無事かい?」

「インヘル! ボンバ!! みんなもー!!」

「大人間"フラランド"が来てくれたぞー!! 彼も仲間だ!!」
「えーっ人間っ!!?」


そこにキュイーンが立ちはだかる。

キュイン「麦わらの一味の"鉄人"フランキーだね?」
    「確か一つ星の受刑者…なのにここまで無傷とはね」
    「あたしの手で殺して…ん!?」
言いかけたキュイーン嬢にいきなり抱きつくフランキー。

「フラランドが抱きついたれす!」
「工場長に恋したれすか!?」

キュイン「なにふざけてんだ! 離せ!!」
殴りまくるキュイーン。


そして丁度騙されたと知って戻ってくるピンク。
「あのサイボーグ野郎め、騙しやがって!
 困ってるババアなんてどこにもいねえじゃねえか! それはそれで良かったけども!!」

全力バタフライで工場へ戻るセニョールw


フランキー「だいたいさっきからガンガンゴンゴン スープレックスキメやがって…!! 終いにゃあおれの後頭部で温泉でもお掘り当てようってのかァ!?」

キュイーン「はぁ?あんた一体何を…」

ピンク「死にさらせ ネコ耳パーン…」

フランキー「フランキー サウスランドスープレックス!!」

ちょうどセニョールとキュイーンが激突!

「あの工場長が…!!」

しかしあまり効いてない様子。さらに怒るキュイーン。

「このバカが、何してくれてんだい! アタシの頭をハンマーにしやがって!!」
「こんなひどい扱いするわけ!? 工場長よアタシ! ナンバーワンよ、一番エライのよ!!」
「アタシにはあんたを裁く権利があるの!! 決めたわ、細切れにしてやる!!」

小人「わーっ逃げてフラランド! こうなったら誰も工場長を止められないんだよー!」

キュイーン「吸引マシンで内臓を引きずり出して・・・」
と言いかける彼女の口を自分の口で塞ぐフランキーww


「えええええフラランドが工場長にキスしたああ!!?」

お目目ぱっちりになったキュイーン、力が抜けてその場にへたり込む。顔が真っ赤。

フランキ「ほら立てよ スイミング野郎」

キュイ(この人…今キスした…)

「ち、ちょっと待ちなさいよ!! 何してくれてんのよ!! どういうつもり!!?
せせせ責任とって恋人になってよんもーバカ!!」

小人(工場長が女の子らしくなったれすー!!)


ピンク「そいつを責めるな、かかわったお前が悪い」

キュイン「ピンク様…でも…」

ピンク「大人の男の決闘に言葉を挟むような女の口を他になにで塞げってんだ?」

フランキ「接吻の一つや二つで動じるようなケツの青い小娘が愛だの恋だの騒ぐんじゃねえ…」

ピンクとフランキー「ガキとの恋なんざ…悪酔いしそうだぜ!」ハモる二人

「ハアアア」完全に恋に落ちるキュイーン

いや〜ハードボイルド〜!!!
セニョール〜フランキ〜!!と女たちが騒ぐ。いつの間にかフランキーも人気w

ピンク「工場の破壊なんてさせねえ」

フランキ「へっ…男なら拳で語りやがれ」

小人たち「"男の闘い"が始まるれすよ…!!!」

ピンクはおむつ爆弾、フランキーは乳首ライトスペシャルで男の戦いを始めるw


場面変わり、ピーカVSゾロ。

ピーカ「貴様!! レベッカたちを逃しやがって」

ゾロ「何言ってんだ、お前の責任だろ」

ピーカ「調子に乗るな…おまえらごときがこの国から出られると思うな!!」

ギインッ! 再び戦闘開始。


さらに上空を飛んでるロビンたち。

ロビン「あともう一息ね」
   「あの戦場、危険ね…降りる場所は慎重に選ばないと」
たぶん剣闘士たちと幹部の戦場を見ろしている。


そのときレオの電伝虫がなる。

レオ「もしもしこちらレオれす」


ロビン「頑張ってニワトリさん」

声を掛けられたバルトロメオはさっき見たゾロのことで頭がいっぱいw

バルト「ああーーーまだ胸がドキドキするべ ゾロセンパイかっこよすぎ…」


レオ「マウジイ! 全員無事でなによりれす!!」

マウジイ「だがレオ、問題発生れすよ! マンシェリー姫が工場にいないれす!!」

レオ「えっ!?」

マウジイ「どこかにまだ捕らわれてるに違いないれすよ…もしかしたらレオたちの向かってる王宮にいるかもしれないれす」


さらに場面かわり、王の台地のふもとにはドレスローザの住人たちが集まっていた。

「王の台地に向かえーっ!! リク王とゴッド・ウソップを捕らえるんだ!」


ウソップ「おいマズいぞ!! どうするんだ!? どんどん集まってるぞ!」
    「おい王様、さっさとズラかろうぜ!!」

ヴィオラ「お父様 工場の小人たちから連絡が マンシェリー姫の姿がどこにもないそうよ」

リク王「なんだと!?」

ウソップ「おいおいそんなことおしゃべりしてる場合か!! 一人残らずおれたちの首を狙いに来てんだぞ!」

ヴィオラ「国中に追いかけられて…どこに逃げようというの?」

ウソップ「ぬっ」

ヴィオラ「国民は真実を知った…もう父にひどいことはしないはずよ」

ウソップ「…いや、おれは?」


ヴィオラ「姫を監禁してるとすれば、場所は王宮しかないはず・・彼女の能力は欲しいはずよ」

リク王「ヴィオラ、お前の能力ですみずみまで探すのだ」

ヴィオラ「ええ」

リク王「ドフラミンゴもマンシェリーの命は取るまい 彼女の能力は欲しいハズだ…今は我々にこそ必要な力かも知れないが…」


その頃、王宮のとある部屋では…
小さな牢屋でしくしくとないているマンシェリー姫。

「ほら飯だ」

朗の隙間からパンが差し出される。
そのパンよりもさらに小さな小人の姫。

姫 「グリーンビットに帰りたいよう・・・早く助けに来てよう・・・レオぉ・・!!」

おわり


ワンピース755話フランキーとセニョール.png

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
また情報あれば更新しますね^^





posted by ナルトちゃんねる at 19:37 | Comment(33) | ワンピース ネタバレスレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
  1. ミスター1を思い出すね
    2014年07月29日 19:55
  2. 次はダイヤでも斬ろうってのか?ってセリフがあったはず
    ジョズかピーカのどっちかだな
    2014年07月29日 20:49
  3. 確定

    ・トンタッタ王国の姫マンシェリーが牢獄で泣いている
    ・「助けてレオ」と言ってるらしい
    2014年07月29日 20:51
    2014年07月29日 20:51
  4. この嘘ばれしつこいなw何話か前の嘘ばれでもこのタイトルネタ使ってたやん、てかジョズと被るからダイヤはない
    宝箱 2014年07月29日 21:42
    2014年07月29日 23:30
  5. フランキーとセニョールピンク
    たぶん戦闘シーン激しいか長いってことか
    2014年07月29日 23:42
  6. さっさとドフラと戦ってくれ…
    2014年07月29日 23:44
  7. パワーアップサンジが四皇の部下相手にどこまで戦えるかも気になるな…尾田っちサンジたちのこと忘れてそうだわ
    2014年07月30日 12:49
  8. 忘れてると言えばお茶会だろ
    2014年07月30日 12:59
  9. バレまだかー
    2014年07月30日 13:54
  10. 闘魚デリンジャーさんに期待
    2014年07月30日 14:04
  11. 755 「小人姫」
    扉絵 迷子の海カラスと海すずめも付いて来た

    ゾロの斬撃を食らい半壊する石の巨人像、ピーカの右腕が血だらけになって、もう大剣が持てない。
    足場が壊れると飛べなくなるので、次のジャンプで岩超えしようと企むレオ。それを見逃さないピーカ、力を振り絞って岩の槍になる。

    工場前
    中の異変に気づいたセニョールピンク。地中に潜って地下から入り込もうとするが、足をフランキーに掴まれる。
    そのまま引きずり出されて顔面を殴られる。セニョールもそれに応戦、両者ガチの殴り合いが始まる。

    ドレスローザのとある牢獄
    泣いている小人の姫、マンシェリー。その周りにはお菓子がどっさり、今日のケーキにイチゴが乗っていないと泣きわめく。
    相手をするドフラ兵「姫の贅沢品でカジノの売り上げが飛んでしまう」と嘆く。マンシェリーは能力者、その泣き声を聞いたものは彼女の言いなりになってしまう。
    早く助けて欲しい、レオ。でないと太っちゃうと泣きわめく。
    おわり
    2014年07月30日 14:12
  12. それ確定?w
    2014年07月30日 14:16
  13. カジノってなんだ
    2014年07月30日 14:18
  14. 嘘バレだけどよくできてると思うw
    2014年07月30日 14:24
  15. 小人姫とレオはビビとコーザみたいな感じかな
    2014年07月30日 14:26
  16. 755話 男の世界
    ジンベエ一人旅 事件だ!町が消えてるシー!
    2014年07月30日 14:34
  17. カン十郎の能力で壁にはしごをたくさん描いて、それを上る地下の囚人達
    カンは絵のハシゴゆえ壊れやすいと注意する

    その頃工場で暴れる小人達
    ファミリーの雑魚たちが撃ち殺そうとするも、当然当たるはずもなくトンタッタに蹂躙される
    ドフラへ連絡を試みるやつらをしっぽハンマーで潰す

    マンシュリー姫の隔離病室へ向かう、姫の側近のお爺さんマウジイ
    マウジイは立入り禁止と書かれてあるので律儀に止まろうとするが、勢いがついててとまれず、扉をぶちやぶってしまう
    だが中身はただの倉庫だった
    その頃別働隊は工場の正面入り口のカギをスイッチで解錠する

    カギが開いた音を聞いたフランキーはスイミング男へさっき路地裏で体が弱く困っているババァを見かけたぜ?と言う
    そうか・・・ザマアねえな・・・とピンク

    工場の中では太った大柄のオバサンが小人達を掃除機で追い回す
    スマイル工場長nキュイーンである (注:20歳)

    吸引マシーンで小人達を吸い込む強敵相手に不利なトンタッタ
    だがそこに現れるフランキー、よくやったと彼らを称え、小人達になつかれる
    2014年07月30日 14:45
  18. 梯子…その手があったか
    2014年07月30日 14:49
  19. 鉄人フランキーね?あたしの手で殺して・・・
    と言いかけたツインテールのデブ、キュイーン嬢
    だが彼女に後ろから抱き着くフランキー
    そして丁度騙されたと知って戻ってくるピンク、困ってるババアなんてどこにもいねえじゃねえか!

    ピンクの頭に向けてキュイーンをジャーマンするフランキー
    サウザンドスープレックス!

    すぐに起き上がり、ギャーギャー文句を言うキュイーン
    吸引マシンで内臓を引きずり出して・・・と言いかける彼女の口を自分の口で塞ぐフランキー

    そこに謎のシルエット登場
    海龍<gワイライト・レックス

    おわり
    2014年07月30日 15:03
  20. フランキーwww
    2014年07月30日 15:04
  21. お目目ぱっちりになっていきなり女らしく喋りだすキュイーン嬢
    せせせ責任とって恋人になってよんもーバカv

    そいつを責めるな、かかわったお前が悪いとピンク
    大人の男の決闘に言葉を挟むような女の口を他になにで塞げってんだ?
    フランキーも接吻の一つや二つで動じるようなケツの青い小娘が愛だの恋だの騒ぐんじゃねえという

    ピンクとフランキー、ハモって言う ガキとの恋なんざ悪酔いしそうだぜ!と

    ピンクはおむつ爆弾、フランキーは乳首ライトスペシャルで男の戦いを始めるw
    2014年07月30日 15:11
  22. ピーカの像の前

    ゾロのせいでレベッカたちを逃したピーカ、調子に乗るなおまえらごときがこの国から出られると思うな〜!
    宮殿に向かってふよふよと飛ぶレベッカたちと一緒にいるレオに工場側から連絡が入る 姫はここにはいない
    2014年07月30日 15:15
  23. ウソップや王のいる台地に押し寄せる住民たち
    ビビるウソップだがヴィオラや王は心配していない
    真実を知った住民たちは王にひどいことはしないだろうと

    彼らにも工場側からの連絡がきてマンシェリー姫がどこにもいないと知る
    姫はおそらく王宮にとらわれている・・彼女の能力は欲しい筈だ

    その通り王宮にとらわれている姫
    小さな牢屋でしくしくとないているマンシェリー姫
    グリーンビットに帰りたいよう・・・早く助けに来てよう・・・レオぉ・・!!

    おわり
    2014年07月30日 15:26
  24. トリコも貼っておくか

    青鬼VSヘラクレス
    デビルフォークやらヘラクキックやら出て来る。

    空にはエンペラーリングができ、妖食界の猛獣がどんどん逃げ出す。
    テリー、キッス、クインも慌てて逃げる。(もしかしたらトリコたちのとこに向かったかも)

    青鬼が出て行ったトリコ、黒髪になってる。
    あと小松たちがのろま雨の丘に到着。
    のろま雨の丘はジャイアントエアツリーのせいで空気密度が濃く、雨がゆっくり落ちてるからのろま雨、なんだとか
    ゼブラとブランチはとっくについてる。
    ブランチが昔メルクが作ってたエアを捌くための包丁を発見。
    小松エアの実の元へ、そこで何か
    2014年07月30日 16:01
  25. また新キャラかよ…
    さっさと今までの回収して欲しい…
    2014年07月30日 17:03
  26. セニョールしぶすぎワロタww
    2014年07月31日 02:37
  27. そういやフランキーも仁義の歌とか歌ってたしワイルド系だわな
    2014年07月31日 05:50
  28. 最近進み遅いし、別行動多すぎてバラバラじゃん…
    2014年07月31日 09:16
  29. ドレスローザ編グダグダだな。
    早く終わんないかな
    2014年07月31日 22:54
  30. ドレスローザ編グダグダだな。
    早く終わんないかな
    キング牧師 2014年07月31日 22:55
  31. ワンピースのラストに向けて入り組んだ話を描けるように練習しているんだろうね。
    あ 2014年08月01日 00:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

Copyright (C) ナルトちゃんねる All Rights Reserved.