2014年06月12日

うちはの石碑の内容まとめ

作中でちらほら出て来る"うちはの石碑"の内容まとめです。


うちはの石碑.jpg
出典:NARUTO巻ノ六十五、146ページ、著者:岸本斉史、集英社

「うちはには代々伝わる古の石碑がある。今も木ノ葉の地下にある
 そこにはかつての六道仙人が書きつけた秘密が記してある。
 瞳力がなければ読む事ができず写輪眼・万華鏡写輪眼・輪廻眼の順に
 解読できる内容が増える」
とはトビの言葉。

でも石碑に文字が書かれているけどあれはなんなんだろ…?
マダラが初めて柱間に見せたとき(65巻)にわざわざマダラが解説してあげてたことを考えると、肉眼で見えているのは暗号文のようなものなのかも。

そんなうちはの石碑、今までに出てきた内容をまとめるとすごい情報量になってしまいました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1:まずは写輪眼で見える内容。

「万華鏡写輪眼があれば九尾を操ることができる」

なぜ尾獣じゃなくて九尾限定なのかは不明^^;
そして万華鏡を多用すれば失明に至ることが明らかにされたのもこの時でした。

サスケ 写輪眼.JPG
出典:NARUTO巻ノ四十二、114ページ、著者:岸本斉史、集英社

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2:万華鏡写輪眼で見える内容。

「一つの神が安定を求め陰と陽に分極した
相反する二つは作用しあい森羅万象を得る」


これはマダラが木の葉の里を抜ける時に柱間に語っていましたね。
この石碑がきっかけとなってマダラは柱間細胞を、そしてアシュラのチャクラを求め、六道以外に輪廻眼を開眼した初めての人間になりました。

マダラ 万華鏡写輪眼.JPG
出典:NARUTO巻ノ六十五、149ページ、著者:岸本斉史、集英社

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3:輪廻眼で読める内容 その1

無限月読 うちはの石碑.jpg
出典:週刊少年ジャンプ25号2014、156ページ、著者:岸本斉史、集英社

「輪廻の力を持つ者が月に近づきしとき
無限の夢を叶えるための月に移せし眼が開く」


要するに輪廻眼があれば無限月読できるよっ!ってことですね・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4:輪廻眼の内容その2

一番凄いのがこちら。

「まだ人がチャクラという概念すら持たなかったはるか昔、そんな時代でさえ人々は争い続けていた
 神樹はそんな争いに関わらず、ずっと人々から神柱として崇められていた。
 ある日千年に一度実ると言われる神樹の実が樹に宿った。
 その実が意味するものを知る者はいなかったが、実には決して手を付けてはいけないという伝承があった。
 だが争いに勝つため神樹の力を得ようと、禁断の実に手を付け口にした姫がいた。
 名を大筒木かぐや。その後かぐやは神の力を得て戦いを一人で治めた。
 それが最初にチャクラを持った人間であり、その子供は生まれながらにチャクラを身に宿していた。
 だがチャクラを取られた神樹はチャクラを取り返そうと動き暴れ出した、それが十尾。
 その十尾を止めたのがかぐやの子だった。名を大筒木ハゴロモ。
 チャクラの教えを説き忍宗を始めた忍の祖。彼こそが六道仙人と呼ばれた男」

うちは石碑3.jpg

あのちっぽけな石碑のどこにそんな長い文章が書かれていたのか全くもって不明ですが(笑)
単純に文字が見えるだけでなく、万華鏡や輪廻眼の瞳力に反応して幻術のように浮かび上がるようなものなのかもしれませんね。

以上が石碑の内容でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それにしても石碑には、その情報量の多さ以上に不可解な点があります。
それは"輪廻眼で読める内容その1"、「輪廻の力を持つ者が月に近づきしとき
無限の夢を叶えるための月に移せし眼が開く」
というものです。
これって要するに無限月読のやり方そのものですよね。
インドラに、そしてインドラの子孫が暴走するのを防ぐため、平和を願って石碑を残したとハゴロモは語りました。
これは伝聞ではなく、本人の口から語られた言葉ですからおそらく真実だと思われます。

しかし無限月読は結局兵士の量産のための大がかりな装置に過ぎないと判明。
そんなものをハゴロモが推し進めるはずがありません。
今思うと、カグヤは黒ゼツを使ってマダラを監視するのと同時に、石碑の内容をすり替えたか
そもそも石碑を丸ごと入れ替えていたのかもしれません。

だいたい万華鏡写輪眼で読める内容がすでに怪しいですよね。
インドラ・アシュラのチャクラの融合。それが輪廻眼につながることをほのめかす内容ですから。

うちはマダラ 輪廻眼.JPG
出典:NARUTO巻ノ六十三、167ページ、著者:岸本斉史、集英社

マダラが柱間の細胞を手に入れたのも、終末の谷で死んだはずだったマダラを助けたのも、全ては黒ゼツ、そしてカグヤの仕業だったとしたら・・

終末の谷の謎.jpg
出典:NARUTO巻ノ六十五、164ページ、著者:岸本斉史、集英社

この柱間の反応、それはもしかしたら地面に隠れた黒ゼツを一瞬感じ取ったのかもしれません。
だとしたらマダラを助けたのはやはりカグヤの意思…

黒幕であり、全ての元凶(かもしれない)カグヤが復活したことで、また新たな真相が語られるかもしれません。今後のNARUTOにますます期待です^^





posted by ナルトちゃんねる at 19:41 | Comment(22) | ナルト 伏線・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
  1. 石碑ってそんなにたくさん書かれてたのか…絶対ウソでしょ…w
    2014年06月12日 19:59
  2. てかマダラって輪廻眼で石碑の内容見てなくね?輪廻眼開眼した時点であのアジトから動けないわけだし
    2014年06月12日 20:04
  3. vs柱間戦でゼツっていたっけ?
    2014年06月12日 20:07
  4. あの石碑によるとって言ってるよ
    2014年06月12日 20:11
  5. うちはの石碑に無限月読を促すような内容が書かれているのが気になりますね。

    マダラが輪廻眼を手に入れた時は死にかけで、神樹に繋がれなければ生きることができない状態でしたから、おそらく石碑を読み行くのは不可能。とすると誰かに読ませに行かせた可能性もありますよね。

    そもそも輪廻眼を開眼させないために置いた石碑に、輪廻眼でしか解読出来ない内容を書いているとも思えませんし・・・
    虹 2014年06月12日 20:13
  6. 2007
    元々ゼツが存在していたのかも、っていう管理忍の予想です。書くの忘れてましたすみません(+o+)

    黒ゼツがカグヤの意思ってことは、太古からその意思を受け継ぐものが(黒ゼツという形でなくとも)存在していたということですから。
    なので、マダラが創りだすより前にゼツは存在していたのかもしれないと管理忍は思っています^^;

    終末の谷でマダラを助け、柱間細胞を届けたのがゼツなら話がうまいこと繋がってくれると思います^^
    管理忍 2014年06月12日 20:14
  7. 俺もの柱間が感じた正体は黒ゼツだと思う
    2014年06月12日 20:15
  8. 画像でもあるけど、あの石碑の内容によるとってマダラは言ってる。
    自分で見たならあの石碑によるとって言わない?
    あの石碑の内容によるとって言い方は誰かに聞いたようなイメージだな
    ちょっと細かすぎるかもしれんが
    2014年06月12日 20:25
  9. イタチの眼を移植して永遠の万華鏡を得たサスケは、輪廻眼になれる唯一の存在だね(単行本42巻参照)
    ナルトの眼は何だろう
    ナルトの眼にも何か秘密があるのかな
    2014年06月12日 20:42
  10. ナルトの眼も特殊だよね
    白眼とか写輪眼とかどのタイプにも属さない感じ
    2014年06月12日 21:07
  11. 石碑さんの情報量パネェなw
    2014年06月12日 21:38
  12. 改竄説はあるかも知れないですね。あとハゴロモ自身が平和の為と口にする事により己の行いを最も正当化してるともとれます。
    2014年06月12日 23:11
  13. 本当に写輪眼〜輪廻眼で読める記述で全てなんでしょうか・・もし写輪廻眼or白眼しか読めない記述があったとしたら・・・実はハムラの墓を守っている?つまりうちはの石碑は、白眼、その秘密を隠蔽する為のカモフラージュ説。実際ネジ死亡(してない可能性もある)、ヒナタは隠されてる。
    2014年06月12日 23:55
  14. 管理人さんの考察はあるかもしれないですね。
    マダラが闇落ちするずっと前から黒ゼツ(カグヤ)は存在していた・・

    何故マダラが狙われたんでしょうかね?
    ・輪廻の力を得るにはインドラの思想が入っている者がいいのか?
    ・インドラを操るのは不可能だったのか?
    ・神樹の実がなる千年の時を待っていたのか?
    マダラが愛深き人物だったからかな・・
    7 2014年06月13日 01:42
  15. ゼツについては管理人の言うとおりかも
    ただそしたら今度は色々と疑問がね

    カグヤが作った生き残りゼツはマダラの時代の時点でどのくらい?
    ゼツの寿命概念の有無は?
    生き残りは今までどこにいた?

    ("個々の能力還元"の使い道は?)
    2014年06月13日 16:37
  16. 万華鏡→輪廻眼の順に開眼するなら、そもそも万華鏡を発現した忍しかゼツは相手にしないだろうし、マダラはチャクラも強かった上に思想もちょっと闇っぽかったから都合が良かったのでは?
    2014年06月13日 17:11
  17. 大蛇丸も闇だよ闇
    大蛇丸はまだ底を見せてない感じ。
    2014年06月13日 19:02
  18. 三代目水影もまだですしね、木ノ葉と同じく五代目までいるから恐らくヒルゼンor扉間と同世代か・・にしてもそれと思しき者の顔が1コマしかないとか実に摩訶不思議ですね、幽閉でもされてたんでしょうか・・
    2014年06月13日 22:05
  19. ゼツが、この戦場の大地全てが俺自身だ!みたいな事言ってなかったっけ
    2014年06月14日 00:20
  20. どうやら木遁しか効かない展開ともなりそうな予感・・・柱間&サスケ共闘に期待が高まります。てかヤマトって無限月読に掛かってるんでしょうか・・まさかあのまま寝返りなんて事には・・なりそうな気がするから今後も目が放せませんね。
    2014年06月14日 13:03
  21. 素晴らしい記事でした。
    2014年06月15日 02:54
  22. 無限月読のくだりはマダラが神樹を吸い込むときにもカグヤらしき声がしたから、石碑から得た情報とは限らないんじゃ?
    カグヤの意思になんとなく出来そうな感じしたとか?
    2014年06月15日 10:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

Copyright (C) ナルトちゃんねる All Rights Reserved.


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。