2014年06月09日

「猿飛サスケ」って誰?

先日の「未回収の伏線を挙げていくスレ」より、今日は"幻の忍"猿飛サスケについて書いていきたいと思います。伏線というより謎に近いですが…^^;


知る人ぞ知る木の葉の忍、猿飛サスケ。
うちはサスケじゃないですよ、猿飛ヒルゼンの父で猿飛アスマの祖父です。
忘れた人はこちらを参考に↓

猿飛サスケ.jpg
出典:NARUTO巻ノ五十三、107ページ、著者:岸本斉史、集英社

なんと猿飛サスケに関する描写は700話近く続くNARUTO本作でこの一コマだけ(笑)
しかし火影であるヒルゼンの実の父。しかも天才うちは一族出身、木の葉警務部隊隊長フガクと上忍であるミコトが「強い立派な忍になるように」と名付けたぐらいですから、そこそこの実力を持っていたに違いありません。
にも関わらず、作中で全く描写がないという矛盾っぷり。これをどう解釈するか・・・

サスケはナルトと並ぶNARUTOの最重要キャラなので、その名前には特別な思いが込められているはず。
試しに猿飛サスケでググってみると、あらゆる忍者漫画で「猿飛サスケ」の名前は使われているようです。
例えば管理忍も大好きな白土三平作の「サスケ」。

白土三平サスケ.jpg
出典:Amazon.com:http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%E7%99%BD%E5%9C%9F%E4%B8%89%E5%B9%B3+%E3%82%B5%E3%82%B9%E3%82%B1

髪型もそっくりですね。
こんな比較画像もありました。

うちはサスケ.png
出典:ろぐぐ:http://aquariumizuka.gozaru.jp/log/2005/0504.html


うーん、やはりそっくり。
この白土三平作のサスケは、猿飛忍群に属する偉大な忍を父に持つ幼い天才忍者。
うちはサスケのモチーフはこの子かなーと勝手に予想してます^^;

この「猿飛サスケ」なる人物は日本の忍者漫画史上最も主人公に取り上げられる有名な忍であり、江戸時代に実在した忍がモデルかも…なんて言われています。

話が逸れちゃいました^^;
この猿飛サスケはヒルゼンの父、つまりヒルゼンの師であった扉間よりも微妙に上の年代だと思われます。
ってことは木の葉創設以前の忍・・?

そこで思い出すのがこのシーン。

千手柱間 マダラ.JPG
出典:NARUTO巻ノ六十五、140ページ、著者:岸本斉史、集英社


木の葉に加わりたいという猿飛一族。
この時の長がおそらく猿飛サスケなのでしょう。 年齢的にもピッタリ!
猿飛一族の代表、だとすればそこそこ有名でもおかしくはないですし、全く世代の違うミコトが名前をしっていてもおかしくはないはず。なぜ本編で取り上げられないのか不明ですが。。

ちなみに2ちゃんの過去ログ検索で「サスケ」を検索すると総スレ数は約3000ほど。
対する「猿飛サスケ」は4件(笑)
うーん、このマニアックっぷり。

そんな"幻の忍"猿飛サスケが以前話題に上がっていたので、最後にご紹介します。



737: ナルトちゃんねるがお送りします 2013/07/13(土) 10:53:48.43 ID:tp5oR+wFO
いちばんの謎はヒルゼンの父のサスケ。。


>>737
それはたしかに謎だ


739: ナルトちゃんねるがお送りします 2013/07/13(土) 11:09:02.02 ID:MpwYSIuqO
うちはミコト「猿飛サスケのような強い忍になって欲しいとの思いからうちはサスケにした」
なんで猿飛サスケの名前は出てくるけど顔や経歴が出てこないのか?
穢土転生で出て来ても何らおかしくはないのにそれもない



854: ナルトちゃんねるがお送りします 2013/07/13(土) 15:36:13.81 ID:tp5oR+wFO
絶対
猿飛サスケのことわすれてるだろうな作者



引用:NARUTO〜ナルト〜ネタバレスレ其の壱阡九拾七:http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1373442717/





posted by ナルトちゃんねる at 06:07 | Comment(16) | ナルト 伏線・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
  1. 単に白土三平からクレームが来たから封印された。
    2014年06月09日 06:20
  2. 誠に申し訳ありません。
    これはさすがにあまり興味ないな・・・
    2014年06月09日 09:12
  3. そんな奴いたのかよw
    2014年06月09日 10:34
  4. サスケの親が、火影ヒルゼンの親、猿飛サスケの名前を付けたってのは聞いた事あったけど・・

    フガクも、うちは一族なのに火影の親の名前付けたって事は、火の国と仲良くしたかったんじゃね?猿飛一族とか関係なしに。

    てか、もしかしたら何か関係あるのかもね!
    2014年06月09日 10:56
  5. 確かに岸本先生もこの設定忘れてそうw
    2014年06月09日 12:04
  6. あれもこれも出してくると収集付かないでしょ。出す必要性が無いから、出さないだけでしょ。管理人暇人だな、そんな事ばっかり考えてるのか。
    2014年06月09日 21:35
  7. サスケのモデルは飛影。
    2014年06月10日 08:41
  8. 火影が他家の赤子に己の父親の名を与えるのだから、そりゃ大いなる意味がない方が不思議ですね。寧ろ、うちは&猿飛が友好的になる可能性があったからこそ、うちはに期待してるヒルゼンVSうちはは全滅する運命にしたいダンゾウの仲がよりギクシャクしたものと思われ。
    2014年06月10日 21:35
  9. 五大国から選りすぐりの忍だけを集めた超精鋭部隊、真・十勇忍の1人。
    2014年06月10日 21:51
  10. 真田十勇士に猿飛佐助が出てきたのは大正時代だそうな。
    2014年10月08日 20:05
  11. いや、エドテンされなかったのはカブトが細胞を手に入れられなかったからだろ
    五影の細胞は手に入れやすいが隠れ里制度ができた頃の他の一族の細胞は入手する術がないもん
    2014年11月27日 02:09
  12. 設定を忘れてるとかじゃなくて
    出しにくいのでは?
    名前が元々超有名な人だから逆に描きにくそう

    一応サスケの名前の由来はこっからきてますって説明を入れておきたかったらってのもあるだおろうし

    あくまでも名前だけ出しておこうって人物なんでは?別に矛盾もしてないだろ


    2015年01月14日 20:34
  13. 宮本武蔵みたいなもんだろ
    2015年10月18日 11:51
  14. これがカワキの伏線になればもう何も言うことはあるまい
    個人的には一番盛り上がる結末
    2017年02月25日 01:19
  15. うちは本家の妻ミコトと四代目火影の妻うずまきクシナの会話で出た猿飛サスケの名だからより意味深なんだけど、
    ミコトが猿飛本家から嫁いだと考えると自然な会話に思えてしまうのが不思議
    しかもこの時、余計なことを喋るな的にクシナにくっ付いてた三代目火影の妻猿飛ビワコ
    これも他家・・例えば志村一族、山中一族、秋道一族、奈良一族のいずれかから嫁いできたと考えると更に繋がってきそうで怖い
    特に志村一族はダンゾウという卑劣マンセーを輩出したうちは一族にとっても恐るべき一族
    その後、九尾事件に居なかったフガミコ夫婦とダンゾウ、泣いているサスケをあやすイタチ・・
    恐らくダンゾウなら首謀者はうちはカガミではないのかと問い詰めた、だけじゃなくイタチにしたように究極の2択を迫りもしただろう
    数年後のうちは事件でフガク自身を首謀者とするクーデターを止めたのが、カガミの子孫うちはシスイの意志を受け止めた長男うちはイタチだった
    なお二代目火影はこのことを「起こるべくして起こった」と言う先見の明っぷり
    しかもわざわざ自分の部下だったうちはカガミの名をあげてイタチを称賛
    そのカガミも25という若さで死亡したとされるけど、回想だけの登場とはいえあれだけの影響を遺した人物が三代目の父猿飛サスケと全くの無縁とは思えない

    少なくとも初代火影千手柱間、うちはマダラと共に名を馳せた人物でその時代には戦死したダンゾウの父もいた
    その息子が二代目火影千手扉間の部下になるだけでも次期火影のチャンスだとは言え、実際火影になれたのは千手、波風、猿飛と限られた一族だけでカカシも風貌は千手寄り
    その裏で根を操りうちは一族曳いては里を滅亡へと導びいていったダンゾウ・・
    奇しくもヒルゼン以外の里上層部とうちは一族の対立、その切っ掛けを作ってしまったのが実はカガミだったのだ
    里もしくは火影或いは上層部は、うちはマダラへの遺恨が根強く残る影響でうちはオビトを闇落ちさせ、更にうちはイタチに一族を排除させ、更に更にうちはサスケも罪人にした
    エリート一族にありながら誰も火影になれなかったのが日向一族と共通するが、恐らく理由はそれだけじゃない
    見た目にも千手以上に大筒木カグヤの血筋だと分かるのがうちはの写輪眼と日向の白眼
    何よりインドラより遥かに力の劣っていたアシュラの血筋の千手一族のみ3人も火影を輩出していることが怪しい
    少なくとも千手が火影の間はうちはと日向が火影になることは絶対にない
    波風ミナトが死んですぐ猿飛ヒルゼンが火影の椅子に戻ったのも多分代わりが居ないんじゃなくてフガクが火影にしてくれと言い出して里上層部が荒れるのを恐れたから
    実際クーデターの話は当時からあったし、ダンゾウが大蛇丸と協力関係にあってトビ=グルグルと接触したのもこの頃
    この後、うちは事件が起こるべくして起こるのだ
    現に千手を名乗る者が死に絶え綱手が隠居してから、うちはサラダという一族にとっての希望が堂々火影宣言
    もしこのことが新たな対立の始まりだとすれば、うずまきと日向とうちはがより親密になるには他とのバランス調整が必要
    その過程でやり方を間違えればうちはと猿飛の関係に亀裂が入ることも考えられる
    そうなった場合はいつ猪鹿蝶トリオが猿飛ミライを担いで来るか分からないし、木ノ葉丸班とモエギ班もギクシャクしてサラダとチョウチョウも対立関係になる不安や、そもそも本来なら猪鹿蝶を担当するはずの木ノ葉丸が何故ボルサラミツの上司なのかも気になる

    木ノ葉丸が次期火影になれば早期に死なない限りサラダのうちは初の火影への夢は遠退くだろうし、ほぼ確実なのは科学忍具班に莫大な予算が投じられ他との格差拡大
    この科学忍具が里中に広まれば、いずれ忍の心得を持たない一般人による破壊行為も簡単に起こるべくして起こるだろうし、それを武力制圧すべく緊急出動するのも忍ではなくほぼ実戦経験のない科学忍具操者だろう
    木ノ葉丸が試し撃ちで空き家を壊す描写が伏線にならなければいいが・・残念ながらそうなってしまう可能性が高そう
    その集大成としてまことしやかに囁かれるのがカワキという人物
    2017年02月26日 02:16
  16. ミコトが猿飛サスケとヒルゼンの近親者だったと考えると、うちは事件でイタチの手に掛かる時の「分かっているわ」「向こうについたか、心からお前を誇りに思う、本当に優しい子だ」という言葉も自然に思えてくる不思議
    ダンゾウがビワコの近親者だったと考えると、自分が有利に動くためには誰よりヒルゼンの妻にするのが得策だと思えてくる不思議
    うちは一族にあれだけの仕打ちをしておいてさも自分が犠牲者だと言わんばかりの「次はワシの番のようだ」という言葉、これも予想になるがダンゾウの前がヒルゼンなら囮になって死亡する順番か、ならダンゾウの次はコハルかホムラか両方になるけどもう高齢者過ぎて寿命も近いだろうにどうやって力を盛り返すというのか・・
    いやある、時に火影以上の発言権を奮ったあの口が、あの口だけでも若い忍び・・例えば猪鹿蝶をそそのかして猿飛アスマを称賛してヒルゼンの親族として利用しやすそうな猿飛ミライを担いで、サスケの友達ナルトという歴代最強の火影に対抗する
    木ノ葉丸だと実孫のためすぐ計画がバレてナルトに説教される他、うちは側の控えとしてボルトやサラダといったサラブ、更にサスケも猿飛の末裔が上層部に利用されたとあっては眼が黙っていないだろう
    どうやらダンゾウの予言通りの展開の方が盛り上がりそうだ、その件はまだ終わってないからね
    2017年02月26日 02:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

Copyright (C) ナルトちゃんねる All Rights Reserved.


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。